どうしてもお金が必要になった時、どうすればいいの?

日常生活の中で、突然、思いも寄らぬ出費に見舞われる経験をした方も少なくないのでは?

そんな時、貯金があったり、身近な人から借りられれば問題ありませんが、時と場合によっては用意する手立てがなく、困ってしまうこともあるかと思います。

お金が必要なのに用意出来ない!何か方法は・・・?

ショッピング枠現金化 詳細
社会人の場合、クレジットカードをお持ちの方は多いでしょう。しかし、とりあえず作っただけで、財布に入れっ放しという方も少なくないのでは?

実はそのクレジットカードを使って、現金を手にする方法があります。それが、クレジットカードのショッピング枠現金化です。

ショッピング枠の現金化って?

仕組みはとても単純です。クレジットカードで買い物をし、買った商品を売るという方法です。

五万円の商品をクレジットカードで購入し、その商品を現金で売ることが出来れば、その分の現金を手にすることが出来ます。そして、ショッピング枠の現金化には、主に二つの方法があります。

一つは、自分の手で商品の売買をする方法。もう一つは、業者を利用する方法です。

自分の手で現金化する

自分の手で現金化する場合は、自分の目で商品を選んで自分で売買することになります。

しかしこの場合、注意しなければならないことがあります。それは、換金性を考える必要があることと、クレジットカード会社が目を光らせているということです。

商品を買って売る際、出来るだけ購入と売却の金額の差を小さくしないと、大きく損をしてしまいます。

五万円のバッグを買って三万円でしか売れなければ、二万円分無駄になってしまいますよね。しかし、プロならまだしも、素人が換金性の高い商品を目利きするのはとても難しく、損してしまうことが多いです。

さらに、クレジットカードの現金化は、クレジットカードの会社によって禁止されています。

クレジットカード会社は利用者が現金化をしないよう、利用履歴から厳しく取り締まりをしていますので、もし露見してしまった場合は、カードの利用停止の処分などが課せられるおそれがあります。

業者を利用する

クレジットカードの現金化を請け負っている業者があり、そこに頼む方法もあります。

この場合、自分の手で現金化するよりも換金性が高い場合が多く、さらに業者は間に決済決行会社を挟んで現金化を行うため、クレジット会社に現金化が露呈する蓋然性も低くなります。

本当に困った時は・・・

どうしても現金が必要になった時は、クレジットカードの現金化を請け負う業者の利用も視野にいれてみてもいいかもしれません。

ただし、中には悪徳業者もいますので、利用する業者はよく調べてからにしましょう。