葉酸サプリに含まれる『葉酸』の効果と効能

葉酸の効果と効能
葉酸と聞いてそれがすぐに栄養素で身体にどのような効果をもたらすか、ピンっとくる人って少ないんじゃありませんか?

今回は葉酸の働きや効果や効能、摂取の目安などについて調べていきたいと思います。

葉酸の主な働き

葉酸とは、ビタミンB群の一種で1944年にほうれん草の葉から発見されました。水溶性で「葉」に多く含まれるビタミンですが、葉野菜以外にもレバーや動物性の食品にも多く含まれています。

葉酸は細胞分裂やDNAの合成に深く関わり、細胞分裂の核になる核酸やチミンの合成を助ける補助酵素として活躍します。またビタミン6やビタミン12と共に動脈硬化を引き起こす原因になるホモシステインを減少させたり、赤血球を作る作用もあります。

葉酸はこのような働きがある栄養素なので、新陳代謝や細胞分裂が活発な組織では特に必要になってきます。

急激な細胞分裂で成長していく胎児や、消化器の粘膜、赤血球の製造などに必要不可欠な栄養素です。

葉酸の効果や効能

妊娠前1ヶ月から妊娠3ヶ月頃の妊娠初期に葉酸を積極的に摂取する事で、胎児の先天性奇形である神経管欠損症(NTD)を予防する事が出来ると言われ、最近では妊活サプリと注目されるようになりました。

その他にもビタミンB12との相互作用で含硫アミノ酸のホモシステインの血中濃度を下げ心臓病を予防する効果や肺ガン、直腸ガン、子宮頸ガンなどのガン予防や貧血を予防したり、母乳の出を良くする、男性の薄毛や脱毛を予防するなどの効果や効能が発表されています。

妊娠を希望する女性におすすめな栄養素

神経管欠損症(NTD)は受胎後1ヶ月以内に発生するので、妊娠に気づいてから葉酸を摂り始めても遅いと言われています。

妊娠したいと考えていたり、妊娠の可能性が高い女性は、意識して葉酸を摂取していく必要があります。

摂取の目安

妊娠の可能性がある女性は葉酸を1日0.4mg程度摂取すれば、胎児のNTDの危険はぐっと低下していきます。妊娠中は0.4mg 、授乳期は1日0.3mg 程度葉酸を摂ると胎児や赤ちゃんの正常な発育に効果があります。

栄養摂取のバランスに気を付ける

葉酸はビタミンB6、B12、ビタミンCと相互作用で働く為、葉酸だけを摂っても十分な効果を発揮する事が出来ません。

またこれら以外のビタミンやミネラルも間接的に関わってくるので、バランスの良い栄養を摂取する事が重要になります。特に必要なビタミンB12。これは野菜にはほとんど含まれず、肉や貝、マグロなど動物性の食品に多く含まれています。野菜だけを摂取してアンバランスな栄養にならないような注意が必要です。

また過度な飲酒や経口避妊薬の摂取でも葉酸は消費されてしまいます。生活面を見直して葉酸不足を招かないように心掛けてください。

いかがですか?あまり聞きなれなかった栄養素、葉酸の大切さはご理解頂けましたか?葉酸を十分に摂り、健康な生活を送りましょう。