育毛剤に副作用はあるの?「初期脱毛」っていったい何なの?

育毛剤には副作用はあるのか。気になる方も多いのではないかと思います。たしかに、育毛剤を使ったら頭が痒くなった、湿疹ができたなんて話もありますしね。

「安全な育毛剤を使いたい」
「副作用が怖い」

そんな方々に向け、当記事では育毛剤の副作用について、お話しいたします。

育毛剤に副作用はあるの?

医薬部外品にはありません

そもそも育毛剤には副作用があるのでしょうか。これは、医薬品の育毛剤には「ある」、医薬部外品の育毛剤には「ない」といえます。

医薬部外品の育毛剤は「お薬」ではありませんので、作用も副作用もないのです。頭皮に良い成分がたっぷりと含まれている美容液のようなものだと考えていただければよいでしょう。

医薬部外品の育毛剤を使って、たとえば肌が荒れたとか、湿疹ができたとかいうのは、副作用ではなく、その人の体質であったり、その商品に含まれる危険な成分であったりが原因なんですね。

だとすれば、医薬部外品の育毛剤における「副作用」の話題(クチコミ等)は、ある意味で、その育毛剤の刺激性や安全性を知るひとつの資料となります。活用しない手はないでしょう。

医薬品の副作用「初期脱毛」とは

これに対して、医薬品の育毛剤には副作用があります。たとえばミノキシジルであれば頭の火照りや痒み、プロペシアという薄毛治療薬には性欲減退などの副作用があるのです。

しかしこれらの副作用は重大なものではなく、全ての人に発生するというものではありません。副作用として最も恐ろしいのは、プロペシアを服用する人全員に起こる「初期脱毛」でしょう。

初期脱毛は、厳密にいえば副作用ではありません。薬が効いている証拠であり、それは毛が生えてくるまでの過程にすぎないのです。

プロペシアを服用することで、「休止期」にある毛髪(=成長が止まった、いずれ抜ける髪の毛)が抜け落ちていくのです。

このことを知らない人は、きっと混乱すると思います。薄毛治療薬を飲んでいるのに髪が抜けた、どんどん減っていく、と。

確かに初期脱毛は恐ろしい現象ですが、ヘアサイクルを正常化する過程で起こることなので、つまりそれを我慢して乗り越えなければ、髪が生えてくることはないということです。

初期脱毛に恐れおののいて、途中で薬の服用をやめてしまったら、それこそ髪の毛をいくらか失って終わり、という結果となります。

プロペシアを使用するときには、最初は髪の毛が抜けていくのだと覚悟しておいたほうがよいでしょう。

もし髪の毛の抜ける量が著しく多い場合には、お医者さんにご相談なさってください。

【関連】育毛剤の副作用について解説